カートをみる マイページへのログイン ご利用案内 お問い合せ

POPEYE No.202006

2020/05/09発売

POPEYE No.202006

価格:

860円 (税込)

購入数:

在庫

あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

そろそろ自分たちで料理をしてみないか。
POPEYE COOKING CLUB


丁寧な暮らしがしたいだとか、美食家になりたいとか、そういうんじゃなく、単純に楽しいからするのだ。
作るのも食べるのも好きなら、なおのこと。
自分の口にするものがどんな風にできているのか、あの店の味はどう作られているのか。
目線を変えれば、これほど身近なD.I.Y.もない。
気の利いたメニューのレシピはまとめたが、あくまで見取り図。
アレンジが楽しいのは洋服とも通ずる。さぁ、ポパイのクッキングクラブ、始めるよ! 


CONTENTS

●手の旅のはじまり。 
坂口恭平さんにとっての料理とは?

●POPEYE COOKING CLUB
オニオンピクルス万能説。/よく切れるペティナイフを一本/スパイスがあれば世界を旅できる。/初夏はスープから。/デヴェンドラのツナメルト。/フライドチキンを揚げてみる。
シンプルカクテル覚書。/美しいオムレツの作り方。/久しぶり、ムニエル。/味噌汁はDon’t think, feel!/パスタを食べたらスカルペッタ。/あの子と餃子を包もう。
知ってるようで知らなかったイングリッシュブレックファスト。/サワードウってなんだ?/フルーツのおいしさは切り方次第。/キッチンマットはステージだ。
湯町窯で洋食を。/マッティのワイルドすぎるカツサンド。/出汁を引く。/タコスはすべてを包み込んでくれる。etc…

●GOOD MANNER BOOK
シティボーイのテーブルマナーブック

【連載】
● POP×EYE Ready to cook.
● popeye notes
● 愉快な旅人。聞き手・満島真之介 ゲスト・BEGIN
● 本と映画のはなし。佐藤 拓
● まちの定点観測 NY/LA/京都/盛岡/東京
● sing in me 坂口恭平
● シティボーイの憂鬱
● 続・味な店 平野紗季子
● Popeye Forum
● フード/後藤裕一 セクシー/しまおまほ
● シューズ/藤原ヒロシ 映画/三宅 唱
● 東京タイアップデート 大根仁
● 青春狂の詩 岡宗秀吾
● 日々の事 ピーター・サザーランド
● 今月のTO DO
● Hello my name is