カートをみる マイページへのログイン ご利用案内 お問い合せ

BRUTUS No.907

2019/12/16発売

BRUTUS No.907

価格:

700円 (税込)

購入数:

在庫

あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

世の中には2種類の本しかない。

読むに足らない本か、読んだらロクなことにならない本。

今、最も危険な作家・阿部和重インタビューから、
是枝裕和の演出術本、装幀家・菊地信義の背表紙の美学、
驚愕の自家装幀本に、ブックインブック「危険な漫画」も作ります。

人生変えちゃうかもしれないあの一冊を。


目次
危険な読書 2020

今、最も危険な作家、阿部和重。
新世代SFの現在地。
“マルジナリア”という古くて新しい読書術。
閲覧注意! 非英語圏の世界文学。
ホラーな短歌。
伝説の巨人というロマンを求めて。
酒をめぐる冒険。
“分断”を再接続する。
読めない本。
勝手に自家装幀本。
奇怪なアートブック。
逸脱者たちの人類学。
都市で生きる(=演じる)ということ。
その時、その場所の熱狂。

Book in Book 危険なマンガ
マンガ家・榎本俊二/海外マンガ/家族/異界/演劇論/未来/新潮流/帯マンガ

そこまで明かすか! お仕事本。
熊本の文芸を辿る。
災害と慰霊。
背表紙の美学。
杉山恒太郎×葛西薫 三十年目の第二作。

賛否両本。
地球温暖化脅威論/データ資本主義/消費増税/表現の不自由展・その後